はじめてレンタカーを福岡で利用する人に基本情報をお伝えします

車があれば、休日にドライブに行ったり旅先の行動範囲を広げることができます。しかし、最近では物を持ちたくないという人が増えていて、車を所有しないケースも少なくありません。免許は持っているけれども、ペーパードライバーという人たちです。また、旅先までは小さな船で海を渡ったり、飛行機で行くので車を持っていけないというケースもあるでしょう。福岡でそういうケースに出くわした時に便利なのが、レンタカーです。レンタル会社は日本全国に散らばっているので、都道府県をまたいで利用することも可能です。福岡で借りて他の県で返すこともできます。ここでは、初めて福岡でレンタカーを利用するという人が安心できるように、借りる方法と流れ、料金の違い、営業所について解説します。

借りるためには予約が必要になります

レンタカーを借りると言っても、いきなり営業所まで行って借りられるわけではありません。まず事前にレンタル会社に予約しておいて、借りられるかどうかを確認しておく必要があります。これをやっておかないと、普通は借りられないので注意しましょう。また、できるだけ早く予約すると早割というサービスで安く利用できることもあります。もし旅先で借りたいというのであれば、なるべく早めに計画をしておいて、レンタルする日時を決めておくといいでしょう。費用を軽減することができます。借りるときの値段ですが、年式が古い車種ほど安く借りられる傾向にあります。格安レンタルされている車は、大抵が中古車市場から買い上げて整備している中古品です。とはいえ、ちゃんと整備されている車なら全く問題なく乗ることができます。

起点と終点になる営業所とは何か

レンタカーを貸してくれるのが、営業所です。大抵は空港など人の出入りが激しい場所に多く点在しています。ここで営業していれば、飛行機で乗ってきたお客さんが車を借りて福岡を旅してくれるからです。基本は借りた営業所に車を返すのですが、ワンウェイ(乗り捨て)可能なサービスが付いている場合には借りた営業所ではない、他の営業所に返すことが可能です。もちろん、同じ業者の営業所でなければダメですが、借りた営業所から離れた場所でも、同じ業者の営業所であれば乗り捨てができるので、起点と終点が離れている旅の場合でも安心です。例えば空港近くの営業所から乗って、遠くまでドライブして車を乗り捨てて、そこから別な交通手段で引き返してくることもできます。運転に疲れた時などにも困りません。